エンジニアから監査部門への異動

Pocket

内部監査に携わった当初は、何をやればいいのかさっぱりでした。

エンジニアやビックデータ解析部門にいたのですが、急に監査の部署に異動を勧められて。

異動するにあたり、勉強していたわけですが、一番最初に悩んだ内部監査と内部統制評価の違い。

そもそも内部統制とは wikipedia によれば、下記のとおりです。

組織がその目的を有効・効率的かつ適正に達成するために、その組織の内部において適用されるルールや業務プロセスを整備し運用すること、ないしその結果確立されたシステム

簡単にいうと、業務を回すための仕組みを内部で作ってきちんとした組織にしていきましょう、ということでしょうか。

そういう仕組みを作る目的として4つほどあります。

  1. 財務報告の信頼性
  2. 業務の有効性・効率性
  3. 法令遵守
  4. 資産の保全

 

いわゆる、金商法の内部統制評価(J-SOX)で見る部分は、1. 財務報告の信頼性が適切かどうか。

内部監査で見るのは、1. ~ 4. の全てが適切かどうかです。

つまり、概念として内部統制は内部監査よりも大きいということですね。

 

 

コメントを残す