Raspberry Pi に pidora をインストール

Pocket

やっと、Raspberry Pi B を購入しました

昔、Raspberry Pi の ML に入っていました 発売開始の案内が ML に来ていたのですがお金がなく・・・

で、今更ながらの購入してインストールしたので、その記録を書いておきます

1. 前提

今回は、ディスプレイがある Linux マシンが手元になかったので、 Windows 7 Home Edition のノートパソコンで作業を行いました

2. 手順

2-1. SD カードの準備

pidora をインストールするためには、最低 2GB 以上の SD カードが必要です

class 4 以上であれば良いと思います

ただ、class 4 の SD カードですと、rpm の build が遅いのです

あまりの遅さのため、途中で class 4 の micro SD 8GB から 東芝の16GB の SD カード に乗り換えました

2-2. イメージのダウンロード

pidora のイメージの zip ファイルを raspberry pi のサイトからダウンロードします

ダウンロードした pidora-18-r2c.zip を解凍すると2つのファイルができます

  • pidora-18-r2c.img
  • pidora-18-r2c.img.md5sum

pidora-18-r2c.img のファイルが、イメージ本体になります
解凍すると、約2GB くらいになりますよ

2-3. フォーマット

raspberry pi は SD カードに Linux を入れます
vfat でフォーマットされてないのであれば、vfat でフォーマットしておきましょう

2-4. イメージを SD カードに書き込む

フォーマットした SD カードに先ほどダウンロードした pidora-18-r2c.img を焼きます

そのために、こちらから pidora のイメージを SD カードに書き込むソフトがダウンロードできます
ダウンロードした zip ファイルを展開すると、fedora-arm-installer-2.exe がありますので、起動します

起動後、下記手順で SD カードにイメージを焼きます

  1. Browse でダウンロードした pidora-18-r2c.img を指定し、
  2. Device でSD カードのドライブ名を指定し、
  3. Install をクリック
2. 起動とカスタマイズ

Raspberry Pi に先ほど設定した SD カードと LAN ケーブルを挿しておきます あ、DHCP サーバーがある前提で話を進めます

2-1. 最初の設定

Raspberry Pi を起動させると、時刻とかロケールとか設定する画面が現れます 時刻とロケールは適当に合わせます キーボードは日本語に Boot Type はテキストに Video の設定は NTSC の Japan にします Resize Root Filesystem はチェックを入れておきます swap が SD カードに書き込まれると SD カードの寿命が縮むので swap なしで Raspberry Pi には頑張ってもらいます

3. その他

インストールした SD カードですが、ReadWriteが高速なものと普通の SD カードで使い心地を比較してみました
高速なものと普通の SD カードで使い心地は変わりません
逆に高速なものを使うと、使えなくなる USB 機器が増えました
高速なためか消費電力が増えているのでしょうか・・・。

コメントを残す