自炊で効率的にスキャンする方法

Pocket

キャノンのDR-P215を使っています

自炊していて、時間が最もかかるのが重送した時の対応です
沢山読み込んだ後に、最初の方に重送があるのに気づくと…

この機種の問題かも知れませんが、ページの移動がしにくい
ということは、漏れたり重送したページを再度読み込んだ場合に時間がかかるということです
本の質によりますが、読み込む時間よりも重送対応の時間がかかる場合も

それをなるべく避ける方法です

簡単なんですが、10ページ単位で読み込みます
DR-P215 は 20 枚くらいは読めるらしいので、私は25枚、つまり50ページほど読ませます

重送のチェックは、過去に読んだ枚数に+50ページ足せばいいだけ
私はDR-P215 は斜めで読み込まれるのが気にならないレベルだったので、この方法でやってます

コメントを残す