perlからCytoscapeを利用し、jpegに保存

Pocket

PerlからCytoscapeを利用する というブログを発見!

以前から Cytoscapeは使わせて頂いたのだけど、

「ライブラリみたいに利用出来ればなぁ」

と思っていた。まさにこれ使えそう(^^)

Perlから利用出来るのであれば外部のプログラムでネットワーク図を画像に保存出来そう

ということで試してみた

こちらの RPC で Cytoscape を扱える perl のサンプルプログラムがある
これに以下のような記述を追加
参考はこちらのAPIを参考
CyViewUtilsに exportViewというファンクション発見

$done = $client->call(
    "Cytoscape.createContinuousNodeVisualStyle",
    $coder->string("nr"),
    $coder->string("Node Color"),
    [2.1, 2.51, 7.3, 8.2],
    ['0F0FFF', '#0FFF0A', '#FF000A', '#0F000A', '#A000F0', '#AAFA0A'],
);


$done = $client->call(
    "Cytoscape.exportView",
    $coder->string("$networkID"),   # identifier of the network
    "/tmp/hoge.jpg",
    "jpg",
    "2.0"
);

print "\n";

/tmp に hoge.jpg を作成します
画像を保存することには成功した

コメントを残す