libjpegでのjpeg作成が重い

Pocket

C言語などでjpegの加工をする場合、libjpegを使いますよね。

uvc のカメラから yuv で画像をlibjpegを使ってjpeg ファイルに落としました。
しかし、動作が思った以上にもっさり。

「どこが重いんだろう?」

ということで、gcc の -pg オプションを付けてコンパイルして調べることにする

<br />
$ gcc -pg hoge.c<br />
a.out<br />
$ gprof --brief<br />

-pg オプションでプロファイル付きで動作させたところ、yuv から jpeg に落としているところがとても遅い

何でだろうと悩んでいたところ、プログラムの中で quality を 100 にして jpeg を作成していたから

quality を 90 にして実行した途端にすごく早くなった

ひとまず、解決ということで

コメントを残す