Atheros AR5212を認識させる

Pocket

会社のノートパソコン ThinkPad X31 がまた壊れた。

どうやっても BIOSが起動しない。

過去3ヶ月の間に二回修理に出しているのにまた壊れた。

ということで、この ThinkPad X31 とはおさらばすることにした。

で、代替マシンを探していると、使っていない X31 を発見!

ということで、HDDの換装を行い、起動させてみた

うんうん。うごく。あれ?ネットワークカードのハードウェアが違う。。。

前のは、ipw2100で認識したのに、今回の無線LANは atheros AR5212 であった。

ただ、デフォルトで認識してくれた。

が、ここから AR5212 との格闘が始まった。

AP に接続できない。いろいろ試した結果、二日目にして解決。

無事接続できるようになりました。

簡単に説明すると、ath5k と ath_pci がコンフリクトしてたため。

vendor と device を探せばわかる

$ cd /lib/modules/`uname -r`/
$ grep -r vendor_id modules.pcimap

とすれば、ath5k と ath_pci の記述が同じ内容であることがわかる。
ath_pci なら動くが、ath5k だと動かないっぽい。
ということで、どうにかath5kを呼ばれないようにする。

ということで、対応方法としては、/etc/modprobe.confから ath5k の箇所を削除する。

続いて、/etc/modprobe.d/blacklist.conf に下記記述を追加すること。

blacklist ath5k

無事起動しました!

[追記 2011/09/30]
乗り換えた ThinkPad X31 が起動しなくなった
BIOS さえ表示されない&HDD が回転してないので、システムボードも逝ったかと思って2ヶ月放置していた

最後に復活できるか分解して BIOS クリア状態にする計画を実行
本体を軽く分解してボタン電池、メモリ2枚、HDD を抜いて起動する
すると、ピーコーピーコー音が鳴る
一縷の望みが出てきたぞ!
HDDを挿して起動すると、音がなる
メモリを1枚挿すと起動した!
もう一枚挿すと BIOS さえ起動しない

結論としては、メモリが壊れてたんですね
メモリが壊れると BIOS さえ起動しない時があるんですね
[/追記 2011/09/30]

コメントを残す